皆様にご協力いただきました「花と緑の東京募金」は、花や緑を「植え、育て、まもり、彩る」事業に活用されています。

 

【 花と緑で「彩る」】
花と緑のおもてなし

花と緑のおもてなし

都民の皆さまや観光に訪れた方々が賑わう場所で、日本の四季や文化を感じられる「花と緑」によって空間を彩り、まちを訪れる人をおもてなしします。都内有数の観光スポット・お台場海浜公園をサクラやサルスベリで彩ります。


【 緑を「まもる」】
緑をまもる人材育成

 緑をまもる人材育成

東京都が指定する保全地域で行う自然体験活動などで利用する道具を購入し、里山や森林等におけるボランティアの保全活動(草刈り・植樹)の活性化を通じて、緑を保全する人材を育成します。


【 緑を「植え、育てる」】
校庭の芝生化

校庭の芝生化

子供たちが芝生の上で思いきり遊ぶことができるように、公立学校で、補植用の芝生を育成する圃場(ナーセリー)をつくるための費用や芝張り工事に、募金を充当します。芝生には、地面の温度上昇や、飛散する砂ぼこりの抑制、環境学習の場としての活用など様々な効用があります。


花粉の少ない森づくり

花粉の少ない森づくり

花粉の少ない森への更新を目的に、多摩地域のスギ、ヒノキ林を伐採した後、花粉の少ないスギ等を植樹するために募金を活用します。伐採した木材(多摩産材)の利用を拡げ、伐って、使って、植えて、育てる、という森林の循環を進めていきます。