※平成28年7月1日現在(詳しくは所管部署へお問い合わせください)

募金にご協力いただきますと、東京都への寄附として、下記のような税制上の優遇措置が受けられます。


 

【個人の方】(所得税法第78条、地方税法第37条の2及び314条の7)

[所得税] その年中に支出した寄附金額の合計(寄附金額が年間総所得金額等の40%を超えるときは、40%相当額)から2千円を控除した金額を、その年分の総所得金額等から控除できます。
[住民税] その年中に支出した寄附金額の合計(寄附金額が年間総所得金額等の30%を超えるときは、30%相当額)から2千円を控除した金額について、①10%を乗 じた額及び、②90%から「寄附者に適用される所得税の限界税率×1.021」を控除した率を乗じた額(所得割額の2割を超えるときは2割相当額)の合計 額を、その寄附をした翌年度分の税額から控除できます。

控除を受けるには、寄附をした日を含む年分の確定申告書の提出時に、東京都発行の領収書を添付してください。(なお、確定申告をされた方については、住民税についての控除の申告は必要ありません。)

なお、個人の方は、確定申告を行うことなく、寄附金に係る税の控除を受けられる場合があります(ワンストップ特例制度)。

< ワンストップ特例制度の対象となる方 >
① 確定申告及び住民税申告が不要な給与所得者であること
② ふるさと納税を含む寄附先の自治体が5団体以内であること

ワンストップ特例制度は、東京都に「申告特例申請書」を提出することで、所得税からの控除分も含め、住民税から税の控除が受けられる制度です。確定申告の必要はありません。
ワンストップ特例制度による税の控除を希望される方は、「申告特例申請書」に必要事項を記入して、募金をした年の12月末日までに下記の東京都環境局自然環境部計画課宛てに郵送してください(同一年に複数回募金をしていただく場合で、すべてに税控除を受けたい場合には、募金の都度「申告特例申請書」の提出が必要です。)。
「申告特例申請書」の内容に変更が生じた場合には、「申告特例申請書」を提出した翌年の1月10日までに、「申告特例申請事項変更届出書」を下記の東京都環境局自然環境部計画課宛てに郵送してください。
「申告特例申請書」にマイナンバー(個人番号)の記入が必要となりました。
なりすまし防止のために、マイナンバーの確認と本人確認が必要となります。下記の表のとおり、「マイナンバー確認の書類」と「本人確認の書類」のコピーを「申告特例申請書」と一緒に郵送してください。
  マイナンバー確認の書類 本人確認の書類
【ケース1】
マイナンバーカード(個人番号カード)を持っている方
マイナンバーカードの裏のコピー マイナンバーカードの表のコピー
【ケース2】
通知カードを持っている方
通知カードのコピー 下記のうちいずれか1点のコピー
  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 旅券(パスポート)
  • 身体障害者手帳
  • 精神障害者保健福祉手帳
  • 療育手帳
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

※写真が表示され、氏名、生年月日または住所が確認できるようにコピーする。

【ケース3】
マイナンバーカードと通知カードのどちらもない方
マイナンバーが記載された住民票の写し 下記のうちいずれか1点のコピー
  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 旅券(パスポート)
  • 身体障害者手帳
  • 精神障害者保健福祉手帳
  • 療育手帳
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

※写真が表示され、氏名、生年月日または住所が確認できるようにコピーする。

対象とならない方が税の控除を受けるためには、従来通り確定申告が必要です。
 

【郵送先】
 〒163-8001
 東京都新宿区西新宿2丁目8番1号 東京都庁第二本庁舎22階
 東京都環境局 自然環境部計画課 「花と緑の東京募金」担当

▼「申告特例申請書」と「申告特例申請事項変更届出書」は、下記よりダウンロードしていただけます。

 「申告特例申請書」様式
 「申告特例申請事項変更届出書」様式
 「申告特例申請書」記入例


【法人の方】(法人税法第37条、地方税法第53条、第72条の23及び第321条の8)

 [法人税・法人住民税法人税割・法人事業税]

一般の寄附金とは別に、その事業年度において支出した国等に対する寄附金として、全額を損金算入できます。損金算入するためには、寄附金を支出した日を含む事業年度の法人税の確定申告書等にその金額を記載し、寄附金の明細書を添付するとともに、東京都発行の領収書を保存している必要があります。


■ 領収書の発行について

領収書をご希望の方は、「領収書発行依頼書」に必要事項をご記入の上、ゆうちょ銀行(郵便局)の受付印を押印した「郵便振替払込請求書兼受領書」を添えて、下記の担当宛にご郵送ください。後日、東京都から領収書をお送りいたします。(郵送料は払込人のご負担でお願いいたします。)